節約/節税

○○経済圏 あなたに最適な経済圏を探そう

○○経済圏とは、同一グループ企業または提携企業が提供する多種多様なサービスで構成されているサービス集合体のことです。

日用品のショッピングから美容・ファッション、旅行、保険、インターネット・携帯電話などの通信、電気・ガスなどのインフラ、貯蓄や株式売買に必要な銀行・証券会社などの金融に至るまで、あなたの生活に必要なサービスを提供している経済圏が、日本には幾つか存在しています。

利用者は、これらの経済圏を上手く利用することで、「ポイント」を効率よくためることが可能となり、節約にも欠かせない思考となってきています。

○○経済圏の種類

現在、日本にはどのような「経済圏」が存在しているか、ご存じでしょうか?

みなさんも知っている「楽天経済圏」やSoftBankが仕掛ける「PayPay経済圏」、NTT docomoの「docomo経済圏」などを始め、au経済圏、amazon経済圏、LINE経済圏、イオン経済圏、nanaco経済圏など、様々な○○経済圏が増えてきています。

その中でも、私たちの生活に必要な多種多様のサービスを一通り網羅している経済圏となると、以下の4つの経済圏に絞られます。

  1.  Rakuten(楽天)
  2.  PayPay(SoftBank)
  3.  docomo(NTT docomo)
  4.  au(au)

自分の生活環境やライフスタイルに適した経済圏を選び、より効率良く「ポイント」を稼いで、少しでも早くFIREを達成しましょう。

代表的な4つの経済圏の比較

次に、この4つの経済圏の中から自分に適した経済圏を選びたいと思います。

できるだけ分かり易く比較するために、「金融」「エンタメ」「インフラ」のそれぞれのカテゴリーに分けて比較していきましょう。

金融関連

幸せなFIRE生活を手に入れるためには、ポイ活による節約と合わせて、資産運用も必要になります。

経済圏を選ぶためには、自分に合った金融関連の要素も非常に重要になります。

そこで、代表的な4つの経済圏について、「金融関連」を比較しました。

Rakuten PayPay docomo au
ポイント 楽天ポイント Tポイント dポイント Ponta
クレジットカード 楽天カード PayPayカード
Yahoo!Japanカード
dカード au PAYカード
スマホ決済 楽天ペイ PayPay d払い au PAY
銀行 楽天銀行 PayPay銀行 auじぶん銀行
※Pay-easy対応 対応 対応 非対応
証券 楽天証券 PayPay証券 SMBC日興証券と連携 auカブコム証券

楽天銀行口座と楽天証券口座を連携する「マネーブリッジ」により、普通預金利息が0.1%になります。これは他の大手銀行と比較しても100倍ですのでお得です。

楽天証券は株式売買の際に必要な手数料も低く、国内株式のみならず外国株式の取り扱いも豊富なため、株式投資による資産運用にはメリットが多いです。

また、楽天銀行とPayPay銀行は銀行口座からインターネット経由で社会保険料(国民年金保険料や厚生年金保険料など)や法人税なども支払うことができる「Pay-easy(ペイジー)」に対応しているので、金融機関やコンビニへ足を運ぶ必要がなく、非常に便利です。

Pay-easy(ペイジー)とは
日本マルチペイメントネットワーク運営機構が運営する決済サービスで、収納機関(民間・地方公共団体・官公庁)と金融機関を『マルチペイメントネットワーク(MPN)』という共同のネットワークで結び、それを活用してさまざまなサービスを実現することが可能になり、この『マルチペイメントネットワーク』を活用して実現されているサービスを“Pay-easy(ペイジー)“と呼んでいます。

【追記】
2022.1.24に、会計ソフトを提供するfreee株式会社から以下のアナウンスが発表されました。楽天銀行とfreeeで家庭の家計簿や事業の会計を行なっていた方、これから導入しようと検討している方、お気をつけ下さい。なお、CSVファイルを使ってマニュアル(手動)で行うことは可能だそうですが、面倒ですね。

2022.1.24
freee株式会社は楽天銀行との間で行っている参照系のAPIを活用した法人口座・個人ビジネス・個人口座の利用明細の自動取り込みについて、2022年2月24日(木)17時頃をもって停止することをお知らせします。
楽天銀行とは2020年3月からAPI連携を開始しておりましたが、2022年2月24日17時頃をもって契約期間を満了することに伴いAPI連携を終了することになりました。なお、楽天カード・楽天Edy・楽天市場・楽天Pay(実店舗決済)の自動取り込み機能は従来どおりご利用いただけます。

出所)freee株式会社の公式HPより

 

エンタメ関連

普段の生活において、もっと利用する機会が多くなる「エンタメ関連」です。
日用品のショッピングから美容・ファッション、旅行など

Rakuten PayPay docomo au
ポイント 楽天ポイント Tポイント dポイント Ponta
ネットショッピング 楽天市場 PayPayモールYahoo!ショッピング dショッピング au PAYマーケット
お得日 買い物マラソン
0と5がつく日
楽天イーグルス・ヴィッセル神戸の勝利翌日
最大43倍
超PayPay祭り dショッピングデー毎月10日と20日
最大40倍
三太郎の日
最大18%ポイント還元
ふるさと納税 楽天ふるさと納税 PayPayモールは出来ない ふるさとチョイスと連携 ポイント還元プログラム対象外
美容・ファッション 楽天ビューティ
楽天ファッション
ZOZOTOWN dファッション au PAYマーケット
旅行 楽天トラベル Yahoo!トラベル
一休.com
dトラベル ローソントラベル
じゃらんと連携
コンビニ ファミリーマート ファミリーマート セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
ローソン
ファストフード マクドナルド マクドナルド
KFC
モスバーガー
KFC
ドラッグストア ツルハドラック
サンドラック
ウエルシア マツキヨ
ウエルシア
サンドラック
スギ薬局
ツルハドラック
トモズ
ガソリンスタンド 出光 ENEOS ENEOS 昭和シェル
家電量販店 ビックカメラ
コジマ
エディオン
エディオン ビックカメラ
コジマ
エディオン
ケーズデンキ
ノジマ
ベスト電器
ヤマダデンキ
ビックカメラ
コジマ
NTT docomoの提供するdポイントは、加盟店舗数は少ない(2021年6月時点で約9万店)ですが、大手コンビニや大手ドラッグストア、大手家電量販店など大手店舗の利便性が一番高いです。

各ポイント対応店舗は各サービス共に増えているので、事前にホームページ等で確認してください。

インフラ関連

Rakuten PayPay docomo au
ポイント 楽天ポイント Tポイント dポイント Ponta
通信 楽天ひかり
楽天モバイル
SoftBank docomo au
電気 楽天でんき SoftBankでんき auでんき
ガス 楽天ガス

東電ガス等と連携

日常生活や電子決済、金融取引など、私たちのあらゆる生活のシーンで欠かせないスマートフォン。

4G/5Gの通信速度や月額料金、データ利用可能量、電話の無料通話など、無駄なく自分にあったプランを選びたいですよね。

また、起業や副業を考えているのであれば、マイナンバーカードを読み取れる機種選びやその機種を取り扱っている通信会社にも配慮しておきたいです。

NTT docomoの「ahamo」、auの「povo」、SoftBankの「LINEMO」、楽天モバイルの「UNLIMIT」など、別途比較したいと思います。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

現在、主流な4つの経済圏について、「金融関連」「エンタメ関連」「インフラ関連」の3つの視点で比較してみました。

あなたの生活環境やライフスタイルによって、あなたに最適な経済圏も異なると思いますが、今後の経済圏を選ぶ上で少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ちなみに、当ブログの管理人は「楽天経済圏」をフル活用し、日常の節約や資産運用を進めております。

ブログランキング・にほんブログ村へ