「FIREムーブメント」 欧米のミレニアル世代に広がる新しいアーリーリタイアのカタチが日本上陸

FIREとは

ここで言うFIREとは「火・炎」ではなく、「Financial Independence, Retire Early」の頭文字を取ったワードで、日本語に直訳すると「経済的に独立して早期退職する」という意味です。

Financial=経済的
Independence=独立
Retire=退職
Early=早期

アーリーリタイア(早期退職)と聞くと悠々自適な贅沢ライフのイメージがありますが、FIREの人たちは別に贅沢したいわけじゃなくて、自分の時間や自分の人生を自分で決めたいという思いが強いのが特徴です。

”働き方改革“という魔法の言葉のもと、海外アウトソーシングやAI・ロボットに仕事が奪われて、降格・減給され、いつリストラされるか分からない時代。
昇進レース、昇給の心配、住宅ローン、満員電車の通勤、過労、終わりのない大量消費…といった悪循環を資産運用で断ち切りたいと切望する人たちが欧米のミレニアル世代を中心に現れ、25倍の法則が生まれました。

25倍の法則とは

あなたの年間支出の25倍の資産を作れれば、あなたもFIREムーブメントを実現できる可能性が高まるという目標値です。

例えば、年間240万円(月20万円)で生計を立てられる世帯であれば、240万円の25倍、6,000万円の資産を作れればFIREムーブメントの仲間入りということになります。

この25倍という数字は、年間資産運用利回り4%から導き出されています。

下図のように、資産運用利回り4%で得られる収益と、生計に必要な年間支出がイコールになれば、単純な計算上ですが、生涯元本が減ることなく人生100年時代も乗り切れることになります。

・投資額=6,000万円
・年間利回り=4.0%
・年間利益額=240万円(=6,000万円x4.0%)
・年間支出=240万円

>>年末残高=6,000万円(全ての支出分を利益額で賄うことができた結果)

FIREムーブメントの基本原理が分かったところで、次に気になることは、年間利回り4%の資産運用は現実的なのか、という点だと思います。

年間利回り4%の資産運用は可能なのか

低金利・利下げ傾向の銀行預金や国債などの債権のみでは、欧米含めて世界的に厳しい状況です。
そこで、年間利回り4%の資産運用を実現するために組み込む必要があるのが、株式投資や投資信託になります。

日本の過去30年間(1992年1月から2022年1月まで)の日経平均株価推移を調べました。

1992年1月の日経平均株価は21,857円でしたが、2022年1月初旬には28,427円まで上昇しており、過去30年間で株価は約1.3倍で、複利計算で年利は約0.9%となっています。(※カシオ計算機株式会社が提供している複利計算ツールで計算した結果を用いています)

あれ、4%に到達していないじゃないか?と疑問を持たれた方、その通りなのです。

過去30年間の日経平均株価の推移から分かることは、資産すべてを日本の株式・銀行預金・債権へ投資しても年間利回り4%を達成することは厳しく、日本以外のグローバルな株式投資もあなたの資産運用のポートフォリオ(金融資産配分)へ組み込んでいくことが、年間利回り4%の実現には必要になってくると考えられます。

次に、優良株大国のアメリカの過去30年間(1992年1月から2022年1月まで)のS&P500指数推移を見てみましょう。

S&P500指数とは

ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している企業の中から代表的な500社を選出し、その銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

1992年1月のS&P500指数は425.59でしたが、2022年1月初旬には4,656.46まで上昇し、過去30年間で指数は約10.9倍で、複利計算で年利は約8.3%となっています。(※カシオ計算機株式会社が提供している複利計算ツールで計算した結果を用いています)

このように、優良株大国のアメリカにおいては、目標の年間利回り4%をはるかに超えており、あなたの資産を日本とアメリカに半分ずつ分散投資することができれば、単純計算で年間利回り4%を達成できることになります。(※ただし、私たち日本人は為替リスクも十分な注意が必要です)

そこで知りたいのは、日本在住の日本人でも米国株に投資できるのか?ということだと思います。

結論から言いますと、日本在住の日本人でも日本の証券会社から米国株やその他の外国株式への投資は可能です。

米国株や外国株を豊富に取り扱っており、かつ手数料を出来るだけ安く済ませることができる日本の証券会社については、別の記事でご紹介します。

次にFIRE実現に向けて必要なことを紹介します。

FIREに必要な3つのこと

これまで説明してきた通り、FIREには年間支出の25倍の資産を年利4%以上で運用することで達成します。

出来るだけ早期にFIREを達成するためには、以下の3つが必要になります。

  1. 年間支出を減らす=節約/節税
  2. 年間利益を増やす=投資/貯蓄
  3. 年間収入を増やす=起業/副業

巷には多種多様な「節約/節税」「投資/貯蓄」「起業/副業」に関する情報で溢れています。生活環境や家族構成、人生の価値観や優先順位などは人それぞれなので、有益な情報も十人十色だと思います。このブログでは、そんな巷の節約・投資・副業などに関する情報を収集し、その中から自分に合った内容を厳選し、自ら実践した体験談も交えて発信していきたいと思いますので、あなたのFIRE実現に向けて少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ここで、改めてFIREを目指す目的やメリット・デメリットを整理したいと思います。

FIREのメリット・デメリットは

不労所得だけで生活するFIREという新しいライフスタイルに、日本でも魅力を感じる人が増えてきています。

FIREの最大のメリットは「人生の選択肢が増える=自由度が増す」ということだと思います。

その一方、デメリットもあります。

今からFIREを目指す方へ、良い点だけでなく注意点も知っておいた方が良いので、この章ではFIREのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

FIREのメリット

FIREの魅力は何といっても自由な生活です。

😀労働の自由
FIREを実現した後は、働くかどうかも自由です。
週に1~2回、好きな人と好きなことを好きなときだけ働くといった選択肢もあります。
会社の労働時間に束縛されず、自分の好きなように時間を使うことができるようになります。

😀居住地の自由
満員電車を回避する代わりに高額な家賃を払って会社の近くで暮らす必要が無く、住む場所を自由に選択できます。都会や田舎、あるいは海外での生活も可能になるため、自分の好きな場所に住めるのは魅力の一つといえます。

😀マネーリテラシーの習得
満員電車FIREへの道の過程で、年間支出を削減する節約術や年間利回りを高める投資術などを実践で身につけることができ、起業や副業による経営手法や税金の知識も身につきます。

FIREのデメリット

FIREは必ず成功するとは限りませんので、FIREのデメリットとそれらを回避する方法を知っておきましょう。

😞運用リスク
FIREでは資産を年利4%で運用し、その利益で生活費をまかないます。しかし、投資にはリスクがあります。上記で示したように長期的に見ればアメリカ株は年率8%以上の実績がありますが、短期的に見るとリーマンショックやCOVID-19によるマイナス成長の時期もありました。このように株式市場の動向などによっては、年4%の運用益を確保できないこともあるので、投資について十分な知識・経験を積んでおくことが重要です。

😞社会的疎外感
会社などのコミニティの中で働くことによって、精神的な達成感や満足感を得られる人も多く存在しています。また、会社に守られているという安心感もあるかも知れません。定年退職後にやり甲斐がなくなり、老けこんでしまう人も見かけます。そうならないように、会社を辞めた後でも社会と何らかの繋がりを持てるような趣味や活動を準備しておくことをオススメします。

😞世間体の悪さ
最近の日本はダイバーシティ(多様化)の理解度が上がってきているため、ひと昔とは変わっていますが、それでも平日の昼間に若者(特に男性)が自宅にいる状況に違和感を持つ人(特に年配の方)は残っています。日本の古い世間体はあまり気にせず、マイペースで取り組みましょう。

FIREのメリット・デメリットを大まかに理解したところで、自分に相応しいFIREの形を選びましょう。

4つのFIRE

FIREには大きく分けて4つの種類があります。

以下の図は横軸に仕事量、縦軸に生活水準を示しており、4つのFIREは全て右側(仕事量は少ない、または全く働かない)に分類されます。

4つのFIREについて、それぞれ詳細を説明しますので、あなたが目指したいFIREのタイプを探してみてください。

❶ Fat FIRE(ファットファイヤー)

資産:1億円以上
生活:贅沢な暮らし
仕事:基本的には働かない

十分な資産を確保し、ある程度は贅沢な生活ができるFIREの種類です。

Fat FIREできる人は、高年収、資産運用に成功した、または相続、事業で成功したなど経済的に余裕のある人です。
FIRE達成後は働く必要はありませんし、十分な資産を運用して豊かな生活を送り続けることができます。

❷ Coast FIRE(コーストファイヤー)

資産:1億円以上
生活:贅沢な暮らし
仕事:ゆるい労働またはやりたい労働を継続

Fat FIREと同様に十分な資産を確保し、生活のために働く必要はなく、いつでも仕事をやめられる状態ですが、社会と繋がっていたいなどの理由でゆるい労働や楽しい労働を続けるFIREの種類です。

Coastは「何の苦労もせずにやっていく」という意味で、ストレスなく楽しく生きるという意味です。

❸ Side FIRE(サイドファイヤー)

資産:3千万円以上
生活:贅沢過ぎず、質素過ぎずな暮らし
仕事:生活を補助する軽めな労働または楽しい労働

Fat FIREやCoast FIREのような生活費を全て賄えるほどの資産は持っていませんが、軽めな労働+資産運用益(不労所得)で自由に生活していくFIREの種類です。

Barista FIRE(バリスタファイヤー)とも呼ばれ、フルタイムの仕事ではなく、コーヒーショップで働くバリスタのようにストレスなく仕事をすることをイメージしており、例えば、週2日だけ働いたり、1日4時間だけ働くようなイメージです。

Side FIREでは仕事を完全にやめることはできませんが、フルタイムのきつい労働に比べて精神的・時間的に余裕ができ、豊かな生活を送ることができている状態です。

❹ Lean FIRE(リーンファイヤー)

資産:3千万円以上
生活:究極に質素な暮らし
仕事:出来るだけ働きたくない

生活費を極限まで抑えて質素に生活するFIREの種類です。

極限まで支出を減らすことで生活費を抑えるミニマリストです。
例えば、年間支出額を120万円以下(月額10万円以下)に抑える必要があります。
いかにお金を使わずに生活していけるかがポイントになるため、物価の安い地方や海外移住も視野に入れています。

FIRE達成までに必要な年数は

今から始めて、FIRE達成までにどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

節約で支出を下げる、投資で運用益を上げる、企業や副業で収入を上げる、などの頑張り次第で大きく変わってくると思います。

しかし、ここで紹介するのは「貯蓄率」という切り口です。
FIRE達成までに必要な年数は、あなたの年収に左右されるわけではなく、あなたの貯蓄率に左右されるという視点が面白いです。
貯蓄率を上げるということは、生活費=支出を下げているというロジックが含まれているから成り立つのですね。

 

貯蓄率と投資リターンに対するリタイアまでの年数

 

仮に年収1,000円でも年間支出が1,000万円なら、あなたは決してFIREすることができません。何故なら現在の生活費の100パーセントを仕事の年収に頼っているからです。
一方、年収400万円でも年間支出が200万円なら、貯蓄に回せる余剰金を捻出することが可能となり、FIREできる可能性があります。

具体的にグラフを使ってチェックしてみましょう。

今の年収に関わらず、仮に年収の50%を貯蓄に回すとします。(貯蓄率=50%)
下図のグラフから、投資の年間利回りが1%なら約23年後、4%なら約18年後、10%なら約13年後にFIREを達成できることになります。

また、このグラフから、他にも幾つか興味深い点を読み取ることができます。

  1. 年収には関係なく、貯蓄率が関係する(前述の通り)
  2. 投資リターン=運用益が関係する(当然と言えば当然)
  3. 貯蓄率が小さいと投資リターンの変動の影響が大きい

貯蓄率は自分である程度コントロールできますが、投資リターンは分散投資などのポートフォリオである程度のリスク分散することができてもコントロールすることは困難です。

つまり、投資リターンが変動してもFIREまでの目標年数の影響を受けづらくするためには「貯蓄率」を出来るだけ上げる必要があるということです。

更に、簡単な労働の並行して進める「サイドFIRE」を目指す方なら、もっと早く到達できます。

まとめ

FIREの概念や原理、種類について説明しました。

あなたが目指すべきFIREは見つかりましたか?

当ブログ管理人は❸ Side FIRE(サイドファイヤー)を目指して行きます。
前述のFIREのデメリットで挙げた「運用リスク」「社会的疎外感」「世間体の悪さ」などに対してもSide FIREはリスク防衛策となり得るバランスの良いFIREの形だと思っています。

FIREに必要な「節約/節税」「投資/貯蓄」「起業/副業」に対して、巷の情報を収集し、その中から自分に合った内容を厳選し、自ら実践した体験談も交えて発信していきたいと思います。

あなたのFIRE実現に向けて少しでもお役に立てれば嬉しいです。